• お問い合わせ

文化を感じる住まいづくり アトリエ あすか

  • ホーム
  • 組織概要
  • 理念
  • 施工事例
  • 社会活動
  • すまいが出来るまで

施工事例

長野地震 「先人の知恵」 テレビ紹介

 昨夜のテレビ報道で、アナウンサーが地震で被害を受けた家の紹介をしていた内容について紹介する。

「この家は、コンクリート基礎ではなく、大きな石の上に柱を建ている古い住宅である。
家は、地震によってその基礎石から柱がずれて建物が、動いてしまっている。」
 と言って、住まい手にインタビューし、その住まい手が答えたのは、
 「建物が動いたから、建て直さなければならない。たいへんだ。
   でも、家族全員が無事であった。よかった」
   
 との、報道内容であった。

  映像を見れば、古い民家で、大きな基礎石から柱がずれて完全に土の上に建っていた。
 当然、壁や屋根も一緒に動いていた。
 建物の内部は、家具やテ冷蔵庫などは転倒していたり、テレビも大きく移動していたが、
 建物の傾きなどは、そんなに大きくはなく、建物全体が、ずれ込んだだけのように見えた。
 
  周辺建物(1階が完全に崩壊していて、その上に2階が乗っているなど—。)の被害からすると、
 この建物自体は、ずれただけで、ペッシャンコなるとかの大きな被害は無かった。

  各地の古い民家や神社仏閣、そして、5重の塔なども全て大きな基礎石の上に
  柱を直接に建てて造っている。 当然、金具などでは固着していない。

   それは、先人の智恵である。

   現代では、「免振構造」と言われている。高層ビルなどにも使われている
   建物をずらしながら地震エネルギーを低減させる構造なのである。

   永年培われてきた、「智恵」、すばらしい。

   この家も、たしかに動いたから、いずれは解体か、または、曳き屋工事をして
   元にの位置に戻すか、いろいろな方向を考えることはできるが、とりあえず
   屋根と外壁があるから、中を整理すれば、十分に住めるわけである。
    
     こんかいの報道内容に、また、「先人の智恵」が紹介された。

  

  • ギャラリー
  • アトリエ あすかのこだわり
  • 施工事例
  • 住宅が出来るまで
  • 結いっこで創る

ご相談・お問い合わせはこちら

0185-73-3377

受付時間 9時-17時(土日祝休)

アトリエ あすか
秋田県能代市二ツ井町字海道上100-6

お問い合わせ

  •  

    • 88836総閲覧数:

アトリエあすか 文化を感じる住まいづくり

Copyright © 2014 アトリエ あすか All Rights Reserved.