• お問い合わせ

文化を感じる住まいづくり アトリエ あすか

  • ホーム
  • 組織概要
  • 理念
  • 施工事例
  • 社会活動
  • すまいが出来るまで

施工事例

住宅リフォームのクレーム増加 毎日記事

私は、秋田弁護士会の住宅処理委員の一員ではあるが、全国的にこの記事のように、
クレームの相談件数が増えている。
 この記事は、リフォームではあるが、新築住宅でも相談件数が増えている。

この記事の内容からすると、まずは、訪問営業は断る。
知識不足の業者もいるので、業者選定に注意する。
複数の業者に見積もりを依頼する。
などなど、記載されているが、
失礼な言い方だが、やはり素人には、難しい問題である。

 やはり、最善な方法としては、信頼できる設計事務所、または、
建設業者が良いだろうと思う。
 ただし、設計事務所の場合は、ある程度の経費も計上されるとは思うが、
適正な工事指針のアドバイスを断るか否かは、むずかしいところもあるだろう。

 いずれにせよ、住宅クレームは増えているのは、まちがいのない事実である。

ル・コルビジェを巡る旅 建築ツアー 44 リヨンオペラ座 J・ヌーベル02

そのオペラ座の周辺の街並みである。

都市の中心部なので、公園やらこのような
芸術性のある公園となっていた。

 

 

 

ル・コルビジェを巡る旅 建築ツアー 43 リヨンオペラ座 J・ヌーベル01

1832年に、ポレットとシュナヴァーによって、
最初のオペラ座が建てられ、
1993年に、ジャン・ヌーヴェルによって
屋根部分が大改装され、ドーム型となった。

内部は、エントランスから家具からすべて「黒」
であった。

 

 

 

ル・コルビジェを巡る旅 建築ツアー 42 リヨン国際都市 Rピアノ

ローヌ川と外側の車道のカーブに沿う形で連立している。
中央通路を中心に対で建っていた。

視察の時は、建物には入館できなかったので
中央の通路を散策するのみであった。

最も、国際会議用の建物なので
一般人、ましてや、見学はできないであろう。

 

 

 

 

 

ル・コルビジェを巡る旅 建築ツアー 41 コンフリュアンス博物館 2

最後の写真は、路上電車の駅であった。
デティールが面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

ル・コルビジェを巡る旅 建築ツアー 40 コンフリュアンス博物館 1

ローヌ・アプル地方の中心地リヨンは、古くから交通の要衛の地として
栄え、絹織物とグルメでも有名である。
ローヌ川とソーヌ川の合流地点が、立地場所である。

オーストリアの設計者で、
コープ・ヒンメルブラウである。

自分には、まったく異次元の世界で、
設計者と施工業者には、感心していた。

 

 

 

 

 

文化交流館「カダーレ」 毎日記事

秋田県由利本荘市に2011年12月に竣工した
「文化交流館「カダーレ」の記事である。

竣工と同時に視察にいってきた。
以前に岩手県の「科学の船」なども
視察してきたが、コンクリート打ち放し型枠の
レンガ模様の目地にあわせて、全ての躯体が
出来上がっている。
設計者も有名だが、施工業者の技術も
すばらしいと思う。

記事 秋田カダーレ

  • ギャラリー
  • アトリエ あすかのこだわり
  • 施工事例
  • 住宅が出来るまで
  • 結いっこで創る

ご相談・お問い合わせはこちら

0185-73-3377

受付時間 9時-17時(土日祝休)

アトリエ あすか
秋田県能代市二ツ井町字海道上100-6

お問い合わせ

  •  

    • 51729総閲覧数:

アトリエあすか 文化を感じる住まいづくり

Copyright © 2014 アトリエ あすか All Rights Reserved.