• お問い合わせ

文化を感じる住まいづくり アトリエ あすか

  • ホーム
  • 組織概要
  • 理念
  • 施工事例
  • 社会活動
  • すまいが出来るまで

施工事例

実大実験住宅から体験した大地震と建物 5

先回と重なるが大事なことなので、
「3.金物(ビスや通しボルト)の局部的な使いすぎに注意すること。」について、
 一言だけ、言わせていただく。

 よく、設計事務所や大工職人が、
「この部分は、弱いから金物補強をして、強度を高める」
 などと、言う人がいる。

 はたして、そうだろうか。

 今回の、実験からすると、使い方でそうではないと実感した。

 先回も、記述したが、「木と金物」では、ある一定までは、
お互いに、それぞれ力を分担しながら、強度を向上させているが、
ある時点から、木材の強度が、限界を達したときには、
木材が割れて負担力がなくなるのである。

 だから、金物補強をする場合は、注意が必要だ。

 見た目は、金物をたくさん使っていると、頑丈なように見えるが、
 使い方を間違えると、弱点になるので注意をしたい。

 とくに通しボルトや長いビスなどの連立した使い方、また、集中的な使い方には
 注意をしている。

  • ギャラリー
  • アトリエ あすかのこだわり
  • 施工事例
  • 住宅が出来るまで
  • 結いっこで創る

ご相談・お問い合わせはこちら

0185-73-3377

受付時間 9時-17時(土日祝休)

アトリエ あすか
秋田県能代市二ツ井町字海道上100-6

お問い合わせ

  •  

    • 84167総閲覧数:

アトリエあすか 文化を感じる住まいづくり

Copyright © 2014 アトリエ あすか All Rights Reserved.