• お問い合わせ

文化を感じる住まいづくり アトリエ あすか

  • ホーム
  • 組織概要
  • 理念
  • 施工事例
  • 社会活動
  • すまいが出来るまで

施工事例

実大実験住宅から体験した大地震と建物 8

先週からの続きであるが、
「金物で補強した場合は、ボルトナットなどに緩みがでてくる。」
に対処するには、

 最も良いのが、築後に建物内部を点検出来るように天井を張らないか、
 または、天井裏にもぐっていけるように計画するか、である。

 だが、なかなか困難ではある。

 実際、自分も金物補強する場合の建物は、屋根勾配を大きくして、
天井裏にもぐれるようなスペースをとる計画をして、維持点検できるように
配慮している。

 または、スケルトン・インフィル計画にした手法で設計をしている。

 ボルトナットでもいいのがあって、座金タイプで、ナットを構造材に
 ビス止めをする。   そして、地震が来た、すると、柱や梁が左右上下にゆらゆら揺れる。
 当然、固着している金物もガタガタ揺れる、すると、ボルトとナットが自動的に締め付けて
 緩まないようなナットがある。   よくできている。

一度、お試しください。
 

  • ギャラリー
  • アトリエ あすかのこだわり
  • 施工事例
  • 住宅が出来るまで
  • 結いっこで創る

ご相談・お問い合わせはこちら

0185-73-3377

受付時間 9時-17時(土日祝休)

アトリエ あすか
秋田県能代市二ツ井町字海道上100-6

お問い合わせ

  •  

    • 88547総閲覧数:

アトリエあすか 文化を感じる住まいづくり

Copyright © 2014 アトリエ あすか All Rights Reserved.