• お問い合わせ

文化を感じる住まいづくり アトリエ あすか

  • ホーム
  • 組織概要
  • 理念
  • 施工事例
  • 社会活動
  • すまいが出来るまで

施工事例

桶と樽の違い 北羽新報記事

秋田県立木材高度加工研究所 所長 林知行先生の
新聞記事である。

非常に興味深い。

秋田杉の使い方ではあるが、
「板目」と「柾目」の性質を
理解しての区分けだった。

「柾目」、水は板目よりは通しやすく膨張率が小さいので——桶
「板目」、水を通しにくく膨張率が大きいので—–樽

つまり、長期保存(板目)に使うのは(主に蓋付き) 漬物樽・酒樽・醤油樽・味噌樽などなど
短期的(柾目)に使う風呂桶・寿司桶・洗い桶などなどである。

自分は、桶屋の孫である。物置には、当時の桶や樽が眠っている。
本当は、水を入れておくのがいいのだろうが、
実情は、そうはいかない。箍(たが)もあるが、締め直しも必要だ。

桶と樽の違い 記事

  • ギャラリー
  • アトリエ あすかのこだわり
  • 施工事例
  • 住宅が出来るまで
  • 結いっこで創る

ご相談・お問い合わせはこちら

0185-73-3377

受付時間 9時-17時(土日祝休)

アトリエ あすか
秋田県能代市二ツ井町字海道上100-6

お問い合わせ

  •  

    • 88838総閲覧数:

アトリエあすか 文化を感じる住まいづくり

Copyright © 2014 アトリエ あすか All Rights Reserved.