• お問い合わせ

文化を感じる住まいづくり アトリエ あすか

  • ホーム
  • 組織概要
  • 理念
  • 施工事例
  • 社会活動
  • すまいが出来るまで

施工事例

秋田県立大学木材高度加工研究所の実験検証住宅

秋田県立大学名誉教授鈴木有先生が、全国に先駆けて伝統構法と他の工法との違いを検証しました。アトリエ あすかでは、七年間に及ぶプロジェクトチームの先導的役割で参画しました。
【3棟の実験住宅】
A.伝統構法-伝統的な木造構法 貫+土壁(または落とし板壁)
B.在来工法-筋かいを使った耐力壁
C.近未来型工法-面材を張った耐力壁

在来工法、近未来型工法と比較すると、強烈な揺れに対して伝統構法は、地震に粘り強く耐え、修復する際にも他の2つの工法に比べて簡単で、しかも材料を再利用できるので、エコロジカルな構法であることが解りました。伝統木組みの知恵に多く学ぶことができました。

  • ギャラリー
  • アトリエ あすかのこだわり
  • 施工事例
  • 住宅が出来るまで
  • 結いっこで創る

ご相談・お問い合わせはこちら

0185-73-3377

受付時間 9時-17時(土日祝休)

アトリエ あすか
秋田県能代市二ツ井町字海道上100-6

お問い合わせ

  •  

    • 88548総閲覧数:

アトリエあすか 文化を感じる住まいづくり

Copyright © 2014 アトリエ あすか All Rights Reserved.