• お問い合わせ

文化を感じる住まいづくり アトリエ あすか

  • ホーム
  • 組織概要
  • 理念
  • 施工事例
  • 社会活動
  • すまいが出来るまで

施工事例

ル・コルビジェを巡る旅 建築ツアー 4 成田空港

いよいよ、当日を迎え成田空港から
フランス(パリ空港からニース空港へ乗り継ぎ)へのフライトである。

2016年3月9日(水)  10:00集合

取りあえず、集合場所は、第一ターミナル北ウイング4階
Gカウンター11番前 であった。

エールフランス便 AF-275便 (12:10発)

である。

前日に、国内線の乱れで、羽田空港着の時間が
遅れ、羽田空港から成田空港までのリムジンバスも
連動でおくれ、宿泊ホテルに着いたのは、
夜の11:00ごろであった。

 出向前から、疲れがでた。

取りあえず、その辺の写真を載せる。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ザハ・ハディドさん 死す  毎日記事

今回、ヨーロッパのツアーで、ザハ氏の建物を
外観のみと、内外部共の2施設を視察してきた。

新国立競技場の白紙撤回の時には、
他人ごとのように自分では処理していたが、
視察後は、急に親近感が湧き出て来たので
急遽、この記事を載せた。

その建物は、今回のツアーの一部で後で紹介するが、
2建物を視察してきた。

享年 65歳。 まだまだ若くして亡くなった。

合掌

20160416100418_00001

黒川紀章 秋田県にかほ市 白瀬南極探検隊記念館 毎日記事

先日、NHKのテレビで白瀬中尉に関する番組が放映されていた。

やはり、当時としてみれば、とんでもない冒険であったらしい。

建物は、20年くらい前に一度、見ているが、
正直、施設の管理体制などに問題があると思い、
良い印象は無かった。

それから、平成の大合併があり、施設管理体制も
変わったと思うから、また、寄ってみたいと思っている。

その番組では、冒険に費やした費用を捻出するために、
帰国後、南極で撮影したビデオを全国各地で講演してあるいて、
借金を返済したらしい。

同じ、秋田県人として「すごいなあ」と
思わざるをえない。

20160416101211_00001

建築家 白井晟一設計 旧雄勝町役場解体 毎日新聞記事

白井晟一設計建物が、一つ、解体されるらしい。

自分が、40年前に、この「建築」の世界に入り込むように
なってからは、白井晟一氏は、建築界の特殊な存在であったので、
大変に興味深く建築雑誌などを見ていた。

特に、秋田県内には設計した建物が多いということで、
いろいろ実物も見学していた。

当時の自分が、その建物から感じたのは、
見えない力みたいな、異様な雰囲気を
感じとっていたのを思い出す。

白井晟一氏のファンは、まだまだ多いので
残念に思っている建築家も多いと思う。

20160408133201_00001

「木」のはなし 北羽新報 記事

秋田県立木材高度加工研究所 所長 林 知行 先生の記事である。

この内容からすると、建築基準法の木造限界である、
「最高高さ13m、最高軒高9m」というのは、
「当時の経済の摩擦を軽減するための、非関税障壁以外の何物でもない」と、
言いきっている。

ようは、貿易摩擦が元で、安い「外材」が輸入された、との
ことである。

木造建築限界範囲は、木材強度ではなく、世界経済の影響で
法律までもが、変わる、ということである。

また、先日、テレビ報道であったが、「都内では、宿泊数が絶対に足らないので
宿泊施設については、容積率を増やして、対応する案が確定した」との
ことである。

詳しいことについては、まだ明記が無く解らないが、他の条文についても
変更しなければならないのではないか?と思っている。

以前にもブログで書いたが、このようなことを目にすると、
「TPP」が導入となれば、国産材は、もっと打撃を
受けることになるのではないか、と心配している。

第一次産業である日本の資源、また、それに伴う林業の技術の
継承・文化などを大事にしたい。

木のはなし

ル・コルビジェを巡る旅 建築ツアー 3 理念

皆さまもご存じとは、思いますが、
ル・コルビジェの理念を記載する。

主な五原則としては、「ピロティ(Pilotis)」、「屋上庭園(Toits-jardins)」、
「自由な設計(Plan Libre)」、「自由な平面(Facade Libre)」、
そして、「横長の連続窓横(Fenêtre en Longueur)」」である。

コルビジェの理念

ル・コルビジェを巡る旅 建築ツアー 2 略歴

ル・コルビジェの略歴である。

コルビジェ23歳の時に、グロピュースやミース・F・ローエとも
ドイツに渡り、ペーレンス事務所で一緒に仕事をしていた、とのことである。

コルビジェ 略歴 1

コルビジェ 略歴2

コルビジェ 略歴3

  • ギャラリー
  • アトリエ あすかのこだわり
  • 施工事例
  • 住宅が出来るまで
  • 結いっこで創る

ご相談・お問い合わせはこちら

0185-73-3377

受付時間 9時-17時(土日祝休)

アトリエ あすか
秋田県能代市二ツ井町字海道上100-6

お問い合わせ

  •  

    • 52790総閲覧数:

アトリエあすか 文化を感じる住まいづくり

Copyright © 2014 アトリエ あすか All Rights Reserved.